vimの基本操作

今回はvimの基本操作について説明していきたいと思います。あるテキストエディタを操作できるようになりたいとすれば次の操作を最低限覚える必要があります。

・起動方法

・ファイルの開き方

・カーソルの移動方法(CUI環境)

・編集の方法

・ファイルの保存方法

・終了方法

今回はvimどのようにすればこれらの操作を出来るか次の目次に従って説明していきたいと思います。




起動方法


それでは起動方法から説明します。端末やコマンドプロンプトを開いた状態で、

$ vim

と入力してエンターキーを押すと起動します。また、

$ vim file.txt

と入力するとfile.txtというファイルを開くことができます。file.txtというファイルが存在していなかった場合はfile.txtというファイルを新規作成して編集することができます。すでに存在している場合はそのファイルを開いて読み書きができます。

ファイルの開き方


起動方法での説明があったとおり、

$ vim file.txt

とするとファイルを開くことができます。また、vim実行中で後ほど説明するコマンドモードで

:n file1.txt

というコマンドを実行するとfile1.txtというファイルを開くことができます。

コマンドモードと挿入モード


コマンドモードと挿入モードについて説明します。vimを起動してすぐはコマンドモードになっていて、特定のキーを押すとカーソルを移動したり、:のあとにコマンドを入力することで様々な操作をすることができます。例えばファイルの開き方であったように

:n file1.txt

というふうにコマンドを実行することができます。

コマンドモードから挿入モードに移るためにはiやa(他にもあるけど今回はこれだけにします)を入力すればいいです。iを入力するとカーソルのその場で挿入モードに移れます。aを入力すると現在のカーソルの文字1つ分次の部分から挿入モードに移ります。

挿入モードからコマンドモードに移るにはEscキーを押せば移ることができます。

カーソルの移動方法


コマンドラインモードで左右上下にカーソルを移動したい場合は、

上 k

下 j

左 h

右 l

で移動することができます。この配置はタイピングするときの標準的な指の配置をした時に、右手だけを使って右手をあまり動かさずにカーソルを左右上下動かすことができます。

実はテンキーを使えばコマンドモード、挿入モードに関わらずカーソルを移動できます。そのため、もしテンキーでカーソルを移動したいと思うならそれを使えばいいと思います。

これ以外に便利なカーソルの移動方法があります。コマンドモードでggと入力するとカーソルがファイルの1行目まで移動します。また、Gを入力するとファイルの末尾の行に移動します。

GUIのテキストエディタでファイルの先端や末尾に移動するためにはマウスのホイールをグリグリしたり、スクロールバーのつまみをマウスで掴んで操作させる必要があります。それを考えると少ないステップでファイルの先頭や末尾に移動できるのは本当にありがたいことだと思います。

編集の方法


ファイルを編集は主に挿入モードで行います。カーソルの移動の説明であったように挿入モードでカーソルを移動したいならテンキーを使うといいと思います。少しだけカーソルを移動するためならばテンキーを使うのが効果的だと思います。

ファイルの保存方法


ファイルの編集が終わるとコマンドモードに移り、

:w

というコマンドを入力するとファイルを保存できます。

終了方法


コマンドモードの状態で、

:q

というコマンドを入力すると編集を終了できます。保存と終了を同時にしたい場合は、

:wq

とコマンドを入力するとできます。



以上で基本的な操作について説明を終わります。どうだったでしょうか、わかりにくかったら申し訳ございません。もし実際に動かしてみた人がいれば、キーボードで効率的に操作出来るように考え抜かれていることがわかると思います。

これらの操作はvimのチュートリアルというものがあって、それに従って手を動かすと操作を覚えることができます。操作を覚えるとvimがどれだけ便利であるか実感すると思います。vimのチュートリアルを実行するにはコマンドラインで、

$ vimtutor

と入力すると実行することができます。是非試してみてください。


今回はここで終わります。さようなら。


この記事へのコメント